【案内】10月「あんパン経営学」テーマ


2017-10-23

◇10月「あんパン経営学」講座において、テーマと講師からのコメントは以下の通りです。

◇テーマ科目:「新事業創出・製品開発論」
~新事業の探索・研究(技術)開発・製品開発の進め方~

講師からのコメント
「事業環境変化の激しい今日、製品寿命(プロダクト・ライフサイクル)も
短期化しています。そのような中、企業が生き残るためには自社の強みを
活かしながら、マーケットニーズに合致した新事業の創出が必須要件と
なってきています。社内ベンチャーやM&Aによる新事業創出のほか、
思い切った事業転換も求められます。
今月の『あんパン経営学』では、まず新規事業について探索・事業化の
ポイント、事業化プロセスや事業化成功への鉄則・心構え等を扱います。
次に研究(技術)開発について、研究対象のタイプ、技術評価から
『死の谷』や研究開発費の構成変化、R&Dマネジメント体制、
その他“ヒラメキ”のメカニズム等を解説します。
さらに新製品開発について、開発の進め方・ステップ、アナロジー思考法
等をご紹介します。
そして最後に、新事業創出プロジェクトや研究開発・技術開発等を
牽引していく人材育成について、重要ポイントやファクターを学んで
いただきます。」

寺子屋カレッジ 塾長 吉田健司

新規お申し込みはこちら
今月も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

◇10月「あんパン経営学」講座スケジュール
10/23(月)18:45~20:45[渋谷教室
10/25(水)18:45~20:45[市ヶ谷教室
10/28(土) 9:45~11:45[市ヶ谷教室

◇9月「あんパン経営学」ダイジェスト
テーマ科目:「会計・経営分析論」〜財務諸表の見方、経営診断、儲けの仕組み〜

*主な受講生の皆様の声

管理会計の話について、大変ためになりました。会計学を学ぶと毎回「例」が浮かばずに困るのですが、例示計算もあり分かりやすかったです。(Oさん)
儲けの仕組みで実例が面白かった。内容をよく理解できた。(Nさん)
知的財産、人的資産が印象的でした。管理会計をもっと勉強したいと思いました。(Sさん)
難しい内容でしたが、自社と比較しながら考えられたので良かった。(Sさん)

学び直しの経営塾「寺子屋カレッジ」事務局