【案内】8月「時事ネタ経営学」テーマ


2017-08-03

◇2017年8月の「時事ネタ経営学」において、時代の潮流変化を読み解く注目テーマは以下の通りです。

「9月にフィンテックのイベント開催」
※フィンテック(金融とITの融合)
「社長60歳の『企業健康診断』と事業継承」
「『健康経営』企業と業績良好の関係」
「経済財政白書、人手不足と生産性向上のカギはAIと指摘」
「監査等委員会と企業統治向上への知恵」 and more…

◇8月「時事ネタ経営学」講座スケジュール
8/5(土) 9:45~11:15[市ヶ谷教室
8/7(月)18:45~20:15[渋谷教室
8/9(水)18:45~20:15[市ヶ谷教室

お申込みはこちら

今月も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

◇7月「時事ネタ経営学」ダイジェスト

「『働き方改革』とMPS市場の拡大」
「自己資本比率は40%超」
「『相談役』『顧問』の存在意義」
「タカタに学ぶ、危機管理」
「『自然資本経営』への取り組み」
「新興スタートアップとの協業ポイント」

*主な受講生の声

自己資本比率が高くても不利になる場合があることが分かりました。(Sさん)
不祥事問題やクレームの対応策については、組織として勉強すべきだと思いました。(Mさん)
相談役、顧問は会社法に定められていない為、権限と責任が不明確であることが分かりました。(Aさん)

学び直しの経営塾「寺子屋カレッジ」事務局