【Monthly Greetings】


2016-07-01

●2016年7月のひとこと
今年も1年の半分が過ぎてしまいましたね。
梅雨らしい季節感を味わうまもなく猛暑日を迎えていますが、一体どのようなタイミングで「梅雨明け宣言」するのか、などと勝手に気象庁の立場を心配しております。
さて今回は先月(6月)23日に実施された英国のEU離脱国民投票を取り上げてみましょう。ご存知のように、投票前からBritainとExitの合成語であるBrexit(ブレグジット)などという新語とともに大きな話題になっていましたが、結果は接戦の末、まさかの「EU離脱」となりました。(離脱派が51.9%、残留派が48.1%)この“事件”によって、世界の主要経済指標が影響を受けていますが、ここでは私が大学で教えていた「経営組織論」というビジネス界の視点から考えてみたいと思います。
EU(欧州連合)の歴史的経緯と存在意義は別途ご確認いただくとして、国家間の統合・離脱という合従連衡は、ビジネス界の企業間でも「経営統合」または「分離独立」という動きで起きています。
特に、1997(平成9)年の独占禁止法改正によって、純粋持株会社が解禁され、M&A(合併・買収)という言葉が市民権を得たころから、持株会社が増え、中堅・中小企業でも「○○ホールディングス」という持株会社を頂点とした“企業グループ”を形成するところが増えてきました。
統合する背景には、業界の市場規模が縮小したり他の業界に侵食されるようになったことで、お互いの生き残りを賭けた、守りの戦略的判断であったり、グローバル化が進んでいる今日、海外の巨大グローバル企業に対抗するための攻めの戦略的判断もあります。
今回、英国はEUから離脱することを選択しましたが、組織における統合時の課題に触れてみましょう。
合併して、両者の統合メリットを具体化するために、重複した間接部門を縮小したり、双方の事業内容を見直し調整作業に入りますが、このような表向き利益の追求のウラに、ギクシャクしたものが残り、統合メリットを十分発揮できない統合組織を目にします。
その最大要因は、元の企業の組織文化や社風の違いにあり、合併効果の妨げにもなっているケースです。
国家間でも企業間でも個人間でも、個々にプライドをもつことは大切かと思いますが、行き過ぎると、セクショナリズムに陥り、他者を受け入れられなくなります。その結果、個々の成長も止まってしまうことになります。
大切なことは、一緒になった以上、相手のもっている文化や個性をリスペクトする姿勢ではないでしょうか。“違いを認め合う”ことと同時に、もうひとつ上の視点、すなわち“上位概念”に立った見方をもてるようにすることが良きパートナーとして相乗効果(シナジー効果)を生み出す原動力になるのですが、アタマで分かっていても感情的に理解していくことは難しいのでしょうね。
昨今話題となっている「社外取締役」も、自社のことを知らない“異物”と捉えるのではなく、自社にない“価値観”の持ち主として、受け入れていくことが肝要でしょう。
話が飛躍しますが、明日は7月7日。男女間でも“違いを認め合う”ことで、素敵な「七夕」を迎えられる、ということではないでしょうか。
●事業活動のご連絡
4月にスタートした「寺子屋カレッジ」はお陰さまで受講生の方々にも喜んでいただいております。特に「あんパン経営学」講座では、4月「人的資源管理論」、5月「経営組織論」、6月「経営戦略論」とおいしいところを凝縮して味わっていただき、今月は「マーケティング論」の面白さや具体的有用性などをしっかり味見していただきたいと思っています。
さて、今月の「時事ネタ経営学」講座と「あんパン経営学」講座の日時・教室は以下の通りです。
◇「時事ネタ経営学」講座……1講義:90分
7/9: 第2土曜(朝)クラス[市ヶ谷教室]
7/11:第2月曜(夜)クラス[渋谷教室]
7/13:第2水曜(夜)クラス[市ヶ谷教室]
◇「あんパン経営学」講座……1講義:120分
7/23:第4土曜(朝)クラス[市ヶ谷教室]
7/25:第4月曜(夜)クラス[渋谷教室]
7/27:第4水曜(夜)クラス[市ヶ谷教室]
なお、来月(8月)に予定しています、「あんパン経営学」特別集中講座は8/25(木)正午~26(金)正午の1泊2日の合宿研修を熱海の研修センターで行います。
テーマは、「中小企業のための中期経営計画策定(仮題)」です。
先着10名で考えていますので、ご興味ある方はお問い合わせください。
詳細は来月のMonthly Greetingsでお知らせします。
メールアドレス:otoiawase@terakare.com
以上、2016年7月のMonthly Greetingsでした。
弊社ビット89では、皆さまの社外「経営企画室」として、
ビジネスに直結した
●「量り売り方式のリサーチ」
●「即戦力となるセミナー研修」
●「コーチング スタイルのコンサルティング」
を行っております。
出前スタイルのセミナー研修も喜んでお受けいたしますので、
どうぞいつでもお気軽に声をかけてみてください。

学び直しの経営塾「寺子屋カレッジ」塾長 吉田健司