8月の「近みらい経営学」講座のテーマ紹介:「バリュープライシング」の重要性アップ

「近みらい(時事ネタ)経営学」講座

<2021年8月の講義テーマ>

1. 銀行による中堅・中小SDGs・脱炭素支援
2. 「バリュープライシング」の重要性アップ 
3.「一芸家電」新興メーカーの発想
4.中小企業の“伴走者”
5.文章力向上スキル
(オマケ)
高齢化社会の「2040年問題」

など

⇓ ⇓ ⇓ ⇓

今月のイチオシ!!
2.「バリュープライシング」の重要性アップ 

⇒ 価格決定には、「コストベースプライ
シング」と「競合ベースプライシング」と
「バリューベースプライシング」がある。
 上記3番目の価格設定は、顧客の
 支払い意欲を起点に行うもので、企業
 サイドの付加価値を顧客に正しく提示
 することで、製品価格に反映させるもの
 である。 これは消費者ニーズと企業
 の利益目標の双方を満たす価格設定
 であり、同時に“生産性”を高めていく
 ことになる。

(出典:化学工業日報 2021.07.26 )